冷え性

 

 □ 手足が冷える…

 □ 生理中に冷える…
 □ 真夏でも冷えを感じる…
 □ のぼせやほてりもある
 □ 腰痛や頭痛を伴う…

 

 

 

 

「冷え性」は、季節を問わず、年齢を問わず見られます。

 

 冷えの原因や体質によって、冷える場所や対処方法も異なります。

 

中医学では、下記の3つのタイプを冷えの主な原因と考えます。

 

 

 

 

◆ 血の不足による冷え -(気血不足)

  

        手足の先が冷える・息切れ・食欲不振・下痢

  顔色が青白い・立ちくらみ・経血量が少ない

   ➡(※生理・出産で血を消耗する女性に多いです)

 

 

 ◆ 温めるエネルギーの不足による冷え -(陽気不足)

  

        強い冷え・温めてもすぐ冷める・むくみ・

  頻尿など尿トラブル・腰の冷え・腰痛

   ➡(※高齢者や慢性疾患の方に多いです)

 

 

◆ 温かい血が身体に行き渡らない冷え -(血 おけつ

  

        手足の先が冷える・しびれ・頭痛・肩こり・

  関節痛・生理痛・子宮筋腫・子宮内膜症

   ➡(※運動不足・ストレス・食生活が乱れた方に多いです)

 

 

 

 

 中医学に「未病」という考え方があります。

 

 ” まだ病気ではないけれど不調を感じる状態 ” です。

 

 冷え性も「未病」の一つと考えます。

 

 冷えを放っておくと、免疫力も低下し、あちこちに体の不調が現れます。

 

 冷え性は漢方の得意分野です。

 

 漢方で、体の内側からポカポカ体質に改善しませんか?

 

  

 

 

「 冷えは万病のもと 」です。

「 身体の内側から 」冷えを改善して

   美容と健康を維持しましょう!